院長略歴

〇医師紹介

川名 啓介 (かわな けいすけ)院長写真

医学博士

日本眼科学会認定 眼科専門医

ボトックス認定医

PDT(光線力学療法)認定医

・履歴・職歴:

1993年 筑波大学医学専門学群入学

1999年 筑波大学医学専門学群卒業

1999年 筑波大学附属病院眼科ジュニアレジデント(研修医)

2001年 日製日立総合病院眼科医員

2002年 筑波大学附属病院眼科シニアレジデント

2003年 総合病院土浦協同病院眼科医員

2004年 筑波大学附属病院眼科チーフレジデント、および医員

2006年 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 眼科講師

2009年 かわな眼科を開設

・学会活動等:

1999年~ 日本眼科学会会員、日本眼科医会会員

2002年~ The Association for Research in Vision and Ophthalmology(ARVO)会員

2002年~ 日本眼科手術学会会員

2003年~ 日本角膜学会会員

2005年~ 日本緑内障学会会員

2003年  筑波大学レジデント優秀論文賞

原著論文(代表)

1. Kawana K, Kiuchi T, Yasuno Y, Oshika T: Evaluation of trabeculectomy blebs using 3-dimensional cornea and anterior segment optical coherence tomography. Ophthalmology. 116(5), 848-55, 2009

2. Kawana K, Okamoto F, Hiraoka T, Oshika T: Ciliary body edema after scleral buckling surgery for rhegmatogenous retinal detachment. Ophthalmology, Vol. 113, 36-41, 2006

3. Kawana K, Miyata K, Tokunaga T, Kiuchi T, Hiraoka T, Oshika T: Central corneal thickness measurements using Orbscan II scanning slit topography, noncontact specular microscopy, and ultrasonic pachymetry in eyes with keratoconus. Cornea, Vol. 24, 967-971, 2005

4. Kawana K, Okamoto F, Nose H, Oshika T: Ultrasound biomicroscopic findings of ciliary body malignant melanoma. Jpn J Ophthalmol, Vol. 48, 412-414, 2004

5. Kawana K, Tokunaga T, Miyata K, Okamoto F, Kiuchi T, Oshika T: Comparison of corneal thickness measurements using Orbscan II, non-contact specular microscopy, and ultrasonic pachymetry in eyes after laser in situ keratomileusis. Br J Ophthalmol, Vol. 88, 466-468, 2004

6. Kawana K, Okamoto F, Nose H, Oshika T: A case of angle closure glaucoma caused by plateau iris and Adie’s pupil. Am J Ophthalmol, Vol. 135, 717-718, 2003

その他

2009年 学会発表15件、英語論文5報、著書(分筆)3冊

2008年 学会発表19件、英語論文1報、日本語論文3報

2007年 学会発表16件、英語論文2報、日本語論文1報、著書(分筆)1冊

2006年 学会発表11件、英語論文5報、著書(分筆)1冊

学校医(眼科)

常盤平第一小学校、常盤平第二小学校、松飛台小学校、松飛台第二小学校、第四中学校、常盤平中学校

ページの先頭へ