お知らせ

第43回眼科手術学会に参加してきました。

今回は診療を休まずに参加したので、ごく一部のセッションのみ聞くことができました。

 

レジェンド列伝 本音でトークというセッションがあり、眼科の世界で大御所とされる先生のいままでの研究や昔のお話、そして熱いパッションを感じることができました。やはり、診療にもパッションが必要だと痛感し、さらに意欲的に診療を行おうと思いました。

2019年のまとめ

今年もそろそろ終わりますので、本年度の統計を報告させていただきます。期間1月1日から12月23日までとなっております。昨年よりも白内障手術が増加しております。

全ての症例で大きな合併症なく治療を行うことができました。協力してもらうスタッフにも、患者さんにも感謝しております。来年もさらに、よい医療が提供できるように頑張りたいと思います。

 

白内障手術       485件
後発白内障手術     80件
硝子体注射術      69件
網膜光凝固術(特殊)  30件
網膜光凝固術(通常)  15件
緑内障光凝固術     22件

網膜硝子体学会に参加してきました。

長崎県で開催された網膜硝子体学会に参加してきました。

眼底出血に対する最新の治療エビデンス(ZIPANGスタディ)や新しい疾患概念であるパキコロイド関連疾患などの知識をアップデートすることができました。患者さんにより良い医療を提供できるよう、努力していきたいと思います。

 

視能訓練士学会@福岡に参加しました。

視能訓練士の小川です。11月30日・12月1日と視能訓練士がメインとなる視能矯正学会に参加してきました。色々な演題があったのですが、その中でも自閉症スペクトラムの講演はとてもわかりやすく、勉強になることが多かったです。今後の診療に役立てていきたいと思います。

 

白内障手術についての講演を行いました。

日本点眼研究所の社員さんたちに白内障手術についての講演を行いました。眼の基本的な構造から、白内障の病態、手術とその効用などについてお話をしました。みなさん真剣に聞いていただき、質問もあり、充実した講演ができたと思います。

 

10周年記念旅行

かわな眼科が開院してから10周年となるために記念の旅行に行ってきました。

箱根クラフトハウスというところで、ガラスのマグづくりを体験したり、温泉に入り、おいしい料理をいただいてきました。ガラスを溶かす炉の熱さとぐにゃぐにゃになるガラスの様子を見て大いに興奮しました。

また、気を引き締めて日々の診療を行っていきたいと思います。

緑内障学会に出席してきました。(熊本)

熊本市で開催された緑内障学会に参加してきました。超高齢者に対する緑内障治療の考え方や、新しいコンセプトの緑内障治療機器などに関する知識を得ることができました。

 

 

2016年の地震で甚大な被害を受けた熊本城は復旧のさなかでした。早くもとの美しい姿を取り戻してほしいものです。

メディアコンテンツファクトリーの取材を受けました

メディアコンテンツファクトリーという、院内の情報発信を行っている会社のインタビューを受けました。下記のリンクから表示されます。

内科と連携、患者の生活面にも配慮したわかりやすい医療を提供していきたい

診療方針や理念についてお話しさせていただきました。これからも”わかりやすい医療”を提供し、”快適な眼で、人生に潤いを”もたせられるよう、研鑽を重ねていきたいと思います。

 

10周年記念食事会をいたしました。

開業して10周年を迎えました。スタッフにも恵まれ、地域の患者さんと一緒に歩んでこられました。これからも、よい医療、わかりやすい医療を提供し、みなさまに”快適な眼で、人生に潤いを”もたらせるよう、精進したいと思います。

スタッフとともに出張お寿司を堪能させていただきました。とてもおいしくいただきました。

お祝いにスタッフからワインをいただきました。飲むのが楽しみです。

ページの先頭へ